読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like a bird, like a cat, like a fish?

映画・落語・写真・ダイビングを中心としたお気楽人生ブログです。

イルカ騒動に思う

 日本伝統の追い込み漁によるイルカ入手を問題視した世界動物園水族館協会(WAZA)の改善・除名通告問題で、日本動物園水族館協会(JAZA)がWAZA加盟継続を決定した。

 突然の勧告で、日本中の水族館はもとより動物園も大慌てだ。除名されたら動物園の繁殖による取引も出来なくなるからだ。

 和歌山県のイルカ追い込み漁では、捕獲したイルカを国内の水族館又は海外の水族館に飼育用に取引していた。今回はこの追い込み漁からイルカを入手しないことで、なんとか継続を認めてもらえたようだ。

 けれども、この決断は今後イルカの飼育を難しくするようだ。水族館生まれのイルカは飼育が大変難しいらしい。水族館で大人気のイルカショーは見られなくなる。

 日本の子どもは、イルカショーなどを見て、イルカは賢い動物であることを知るし、生き物は大切にしなければという意識は芽生えるが、欧米では水族館にイルカはいないらしい。

 文化の違いと動物園のあり方を問われた大きな問題。

 動物園で動物の顔を見ると、お前たちは幸せなのかという思いがふとよぎるのだ。

 今月小笠原で見た野生のハシナガイルカ。

 自然の中でのびのび、船上から歓声があがる。

 シュノーケルでドルフィン・スイミングも出来る。

 こちらはミナミハンドウイルカで好奇心旺盛。

 人間のお友達!