読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like a bird, like a cat, like a fish?

映画・落語・写真・ダイビングを中心としたお気楽人生ブログです。

立川談春 『百年目』

落語 Theater

立川談春独演会 セシオン杉並

昨年より落語家30周年記念で「百年目の会」として全国を廻り、8月のシアターコクーンでひと区切りとのこと。

国立劇場はチケットを取り損ねたので、今回は高円寺まで遠征した。

セシオン杉並という会場は観易くなかなか良い。

『短命』何度も聞いている噺ではあったが、演者によって印象はまったく違ってくる。

艶笑噺の極みを魅せてもらった。

談春半生記』どんな内容になるかと思ったら、「赤めだか」のTBSドラマ化の宣伝(?)でした。もちろん話は面白いのですが。

ルーズヴェルト・ゲーム」の演出チームにより秋以降のスペシャル・ドラマで、立川談志ビートたけし談春は嵐の二宮和也(自慢!)とのことで、これは期待していいのか、とんでもないものか、戸惑うばかりだ。

-仲入り-

『百年目』上方落語の演目とは知らなかった。リーフレットによれば「百年目」という最後のサゲに疑問を感じたそうだ。確かに「ここで会ったが百年目!」は仇討ちのセリフで謎である。

その謎については、説明じまい。途中でそこのところを旦那が聞くのだが、携帯が鳴り響き興がそがれた。サゲを変えて、旦那と大番頭の肩もみにもってきて、二人の絆と決別をきっぱり描き名演でした。