読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like a bird, like a cat, like a fish?

映画・落語・写真・ダイビングを中心としたお気楽人生ブログです。

「オブビリオン」新宿ピカデリー 

予告編で「GIジョーバック2リベンジ」「エンド・オブ・ホワイトハウス」「アフター・アース」「ワールドオブウォーz」
おいおい地球は何回滅びればいいのか!
滅亡の黙示録が蔓延のハリウッド映画はアメリカ帝国主義の贖罪?

本編の「オブビリオン」であるが、正統的SF映画の系列といえる。
地球が何者かの侵略で破壊され、人類は地球を見捨てて他の惑星に移り住んだ。
荒廃した地球の監視役が主人公のトム・クルーズだ。
侵略者との対決はいかに。
設定は、「ウォーリー」や「スターウォーズ」(帝国の逆襲のクラウド・シティー!)で、
展開は「マトリックス・シリーズ」という訳で、ラストも想像できる内容だ。
監督のジョセフ・コシンスキーは「トロン・レガシー」の監督であった。
SFの絵作りのセンスのある監督でビジュアルの美しさとスケール感がある。
今後ハリウッド大作を任されるであろうと期待の監督かな。