読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like a bird, like a cat, like a fish?

映画・落語・写真・ダイビングを中心としたお気楽人生ブログです。

『松元ヒロ ひとり立ち』紀伊国屋ホール

スタンダップコメディアンの松元ヒロの年2回のネタ下ろし。
 
登場するなり大歓声で本日の松元ヒロは大乗り気だった。
観客もドカン!ドカン!の大爆笑。
爆笑だけでなく同感、共感、一体感か!
これだけひどい目に遭っているのに反原発と言いきれないニッポン人。
橋下市長や石原都知事がもてはやされて選んでしまう国民性。
なとなど日本のタブーやモヤモヤをスパッとお笑いではっきり云い切ってしまう。
場内に向かって右の人、左の人と揶揄しているがほとんど観客は革新系ですね。
保母さんや教員も多数いるように思えます。

◆本日のネタの概要◆ 
◆ドキュメンタリー映画「私を生きる」予告篇〜君が代ハシズム〜 
前回も映画の紹介があったが、今回は話過ぎないように予告篇としたが、
話は脱線に次ぐ脱線であったが、時事ネタとしては大阪の君が代口パクチェックと橋下市長のおちょくりでした。
口が動いているかということよりも、君が代の意味をよく知って唄わなければ天皇陛下に対して失礼ですよとはごもっともです。
◆神頼み原発問題
島根原発は、唯一県庁所在地のなかに原発がある。福島第一原発のようなことが起こったら県庁ごと避難しなければならない。
神の国、島根県の神頼み原発という話。 
◆奇跡の画家〜石井一男〜
前回は戦後最高の画家といわれた香月泰男の話だったが、今回は40歳を超えてから画壇デビューした神戸在住の清貧の画家石井一男の紹介。
最近の紹介シリーズなのか、紹介がうまくて思わず調べてみたくなる。 
立川談志師匠の想い出〜談志の認めた芸人〜
立川談志が松元ヒロの舞台を観たのは2005年9月11日で終了後舞台に上がってきた・・・
その後家元の落語に招かれるようになった。
ヒロさんが思い悩んでいた時に「人生なんて暇つぶしなのさ」と家元がさりげなく語ってスッと軽くなったという。
談志亡き後も談志の遺志が芸人を突き動かしているののだなということを実感する。
◆アンコール〜今日のニュース〜
一流のパントマイマーの芸です。
笑いあり、涙あり、感動ありのあっと言う間の2時間でした。 
ところでネタのなかで自分の健康診断で診断に引っかかったと自虐ネタがあった。
結果は大丈夫だったのでしょうか?
はっきり云わなかったのは次回のネタかな?

奇蹟の画家

奇蹟の画家

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村