読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like a bird, like a cat, like a fish?

映画・落語・写真・ダイビングを中心としたお気楽人生ブログです。

『旅愁(1950)』シネマヴェーラ渋谷

『旅愁(1950)』シネマヴェーラ渋谷 旅先で乗り遅れた飛行機が墜落して、死んだことになった不倫の男女が新たな人生を選択するが・・・不倫ブームにつき、リメイクするにはうってつけの題材だと思うのだが、意外なことに一度もリメイクされていないかな?ジョ…

ジョージ・キューカー監督『女たち The Women』

シネマヴェーラ渋谷で『女たち』鑑賞。 1939年のアメリカのハイソな生活ぶりに男性は出てこないが、夫はどんな仕事してるのか気になる。結局は夫の稼ぎありきの生活なんだけどなぁ。 ファッションショーがパートカラーで新鮮、戦後公開されていたら日本人は…

夏が来れば、恐怖!サメ映画

夏も近づくとまたも怖いサメ映画がやってきました。『ロスト・バケーション』『ジョーズ』を筆頭にアイデア勝負が伝統になってきた感がある。自分にとって最悪の恐怖サメ映画は『オープン・ウォーター』でした。 www.gizmodo.jp

映画の看板

シネマヴェーラ渋谷とユーロスペースのある建物には『リップヴァンウインクルの花嫁』の大きな看板がある。看板には岩井俊二監督や黒木華などの生サインが入っている。映画が終了してもずっと置いて置くのかな? 看板

開館10周年記念特集Ⅱ シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち

シネマヴェーラ渋谷で『七人の刑事 終着駅の女』鑑賞。 昭和30年代の上野駅周辺がロケーション(隠し撮り?)でふんだんに出てくる超レアな映画で感涙! 事件に直接関係ない人物も味わい深く関わり、細かなことから事件解決の糸口をたぐり寄せる鉄板の刑事ドラ…

憧れのマックイーン兄!

中学生だった頃、友達と連れ立って都内の映画館(テアトル東京!)で『栄光のル・マン』を観た。 セリフが極端に少なくて映像には迫力があって不思議な感覚の映画だと当時思えた。 それは脚本無しでマックィーンのレースに対する思い入れだけが先行して作られ…

『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』

スティーヴ・マックィーン その男とル・マン 9割強の男性客(あえてオッさんとは言いません) マックィーンの『栄光のル・マン』は彼にとっても特別な作品で、性格的には傲慢で周りは大変だったようだが神話に酔い添った内容でファンはありがたい! eiga.com

『霧の音』シネマヴェーラ渋谷

没後五十年メモリアル 孤高の天才・清水宏 『霧の音』鑑賞 やっぱり都会より郊外というか避暑地 、戦後の混乱を避けて日本アルプスのどこかというのもさすが、温泉はないけど露天風呂というのが清水宏印を楽しめる。 すれ違いの演出も名人芸ですね。 清水宏…

シネマヴェーラ渋谷 千葉泰樹監督特集

シネマヴェーラ渋谷 千葉泰樹監督特集 「裸の重役」 こちらもサラリーマンの悲哀をたっぷり味わう佳作だった。 森繁が社長シリーズとは別のシリアスな部長でもやはりさすがだなぁ 宮口精二、有島一郎、加東大介、中村伸郎!などの脇もばっちり。 児玉清は「…

川島雄三『特急にっぽん』『人も歩けば』

川島雄三監督二本立て 新文芸坐 『特急にっぽん』(1961年/東宝、原作:獅子文六『七時間半』) 新幹線放火事件も生々しいところで鑑賞。 新幹線登場前の特急こだまの誇らしげな乗務員と珍客揃いの騒動記。 時速100キロ超で東京〜大阪6時間半の旅を共に味合…

50年前の東京オリンピック直前の映画

『日本脱出』神保町シアター 東京オリンピックに沸く50年前と今がシンクロした。 吉田喜重監督の演出が、シリアスなのかコメディなのかよくわからない。 アクションももたついているしなぁ。 桑野みゆきの身体を張った演技(?)とタイトルロールの岡本太郎…

SF大作『インターステラー』

『インターステラー』上映時間が短すぎる。 宇宙の無限と時間と次元を結びつけた野心作。 6時間ぐらいあれば映画の時空体験を実感できた。 手塚治虫の『火の鳥』だって分量が多いから時間を感じることが出来る。 いつも飛切りのオリジナル映像を創りだすクリ…

『リアリティのダンス』下高井戸シネマ

映画の冒頭から登場するアレハンドロ・ホドロフスキー監督の自伝的映画だ。 少年期に過ごした南米・チリのトコピージャという港町が舞台で、ホドロフスキー印に溢れた映像に一気見した。 同時期に公開されたドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE…

「テロ,ライブ」シネマート六本木

テロとテレビ局との攻防かと思いやとんでもないスペクタクルに唖然。 展開に疑問も色々あるのだが、これが脚本を兼ねた新人監督とは大したものだ。 セウォル号事故後の韓国政府の対応を見るとテロリストの要求も恐ろしく同時性を感じた。 真っ向から反政府的…

『蜩の記』 Tohoシネマズ六本木ヒルズ

悪くない映画だ。 じっくりと時間をかけた風格のある作品である。 でも居心地が悪い。 なぜかと思うと主人公に一点のシミもない高潔な人間であることを疑わない演出側の目線が強いからなのね。 それは監督の師匠黒澤明に対する眼差しと同じかも?

「ジャージャー・ボーイ」Tohoシネマズ六本木ヒルズ

もはや生きていながら神話化しているクリント・イーストウッド監督の新作を観られる喜び。 しかもミュージカルの映画化を手掛けるとは。 落ち着いた演出なのに「君の瞳に恋している」の誕生をピークにフィナーレまで一気に感情が爆発した。 大人の映画、熟成…

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」Tohoシネマズ府中

時代はまた賑やかな宇宙を求める雰囲気になってきたのかな。 「スターウォーズ」も復活まもなくだしね。 キャラクターが存在感を発揮しているのが良し。 アライグマのロケットや歩く樹木グルートなど出てくるだけで笑える。 凶暴なアライグマのロケットの名…

『牡丹燈籠』神保町シアター

昔、幼いころテレビで観て怖て最後まで観れなかった作品だ。 三遊亭圓朝作の有名な怪奇譚で、落語では充分聞いたし、たいそう長い噺であるが一端を切り取り90分にまとめられている。 今回神保町シアターの特集では、作曲家・池野成の仕事として取り上げられ…

『思い出のマーニー』Tohoシネマズ六本木

昨日は映画サービスディと時間の関係で柄にもなくジブリアニメを鑑賞す。 なんとゴシック・ロマンスの展開で魅入ってしまった。 主人公は訳有りの少女で数奇な運命から成長していく。 欧米児童書が原作というのもあるが"マーニー"ってヒッチコックだものね。…

中村登監督特集『河口』『我が家は楽し』シネマヴェーラ渋谷

中村登監督のモチーフでもあるのか絵画をめぐる二本立でした。 『我が家は楽し』は、数年前にも鑑賞したが、母が山田五十鈴で姉の二人が高峰秀子と岸恵子であれば我が家は楽しいはずである。 (父は笠智衆だ!) 『河口』は『斑女』の姉妹編のようだが、岡田…

『古都』シネマヴェーラ渋谷

川端康成の原作も読まず、山口百恵引退作品も観ていない。 こちらは中村登監督で岩下志麻が生き別れた双子の姉妹を二役演じる。 聞き分けのない子供をしかる親のセリフ「おまえは橋の下で拾われてきた!」 京都の呉服問屋に何不自由なく育った良家の娘は、こ…

中村登監督特集「顔役」「斑女」シネマヴェーラ渋谷

毎回意外なキャスティングとオチにやられます。 「顔役」の佐田啓二のペテン師はまだしも高千穂ひづるには参りました。 「斑女」は倍賞千恵子(新人)の関西弁まるだしの不良娘!地方都市でも都会でもその地域の魅力に溢れて感心する。 「顔役」は、山形の典…

中村登特集 『集金旅行』『波の塔』シネマヴェーラ渋谷

昭和30年代の旅情を満喫する。 映画は旅だ!『集金旅行』は、徳島での岡田茉莉子のピョンピョン跳ねる阿波踊りがチャーミング! アチャコの踊りで佐田啓二が振られるのも納得。 岡田茉莉子のかわいらしさの絶頂期だな。『波の塔』は、調布の深大寺と山梨の下…

シネマヴェーラ渋谷で中村登監督特集

『いろはにほへと』『夜の片鱗』を鑑賞。 『いろはにほへと』は、金融バブルを描いたピカレスク作品。 佐田啓二が翳のある悪党であれば、伊藤雄之助は頑固一徹の不器用な検事役で対決、橋本忍の脚本であるから目が離せない。 『夜の片鱗』は、近年中村登監督…

『箱根山』神保町シアター 

川島雄三の晩年の映画だが、「青べか物語」に続く脇役勢ぞろいの贅沢な登場が楽しい。 東野英治郎と西村晃(のちの黄門様二人!)が特にお気に入り! レジャーに湧く箱根というのが懐かしく、ノスタル爺イ。

『悪魔とミス・ジョーンズ』『嵐が丘』(1939)シネマヴェーラ渋谷

『悪魔とミス・ジョーンズ』は、抜けのいいHD上映で最良のアメリカン・デモクラシー映画を楽しんだ。 日本未公開作品だが思いっきり笑えたし、期待以上の内容で大満足! ニューヨーク近郊の海水浴場の混雑ぶりに目を見張る。 『嵐が丘』は16mm上映でプリ…

『動脈列島』

公開当時は東映の『新幹線大爆破』と同時に企画が重なった。 新幹線をゆするサスペンス映画の競作だが、内容的には『新幹線大爆破』の圧勝だった。 『動脈列島』は、脅迫から犯行の実行まで時間をかけ過ぎで犯人の行動がユルすぎる。 一方で犯人は、国鉄総裁…

『モンテカルロ』『終着駅』 シネマヴェーラ渋谷

『終着駅』(1953) デビット・O・セルズニックがジェニファー・ジョーンズにねだられてヴィットリオ・デ・シーカに撮らさせた作品。 デビット・リーンの「旅情」('55)と同じく、イタリア男とのつかぬまの情事と道徳的葛藤。 ネオリアリズモの巨匠、デ・シ…

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」 丸の内ルーブル

銀座の一等地にある丸の内ルーブルがひっそりと閉館となった。 最後に劇場で公開されたヒット作を最後にリバイバル上映している。 もちろんすべて35mmフィルム上映だ。 フィルム上映であることをうたうのもなんだか時代にとり残され感が漂うのである。 こ…

『頭上の敵機』 シネマヴェーラ渋谷

昨日はシネマヴェーラ渋谷で「暁の偵察」を観たので、今日はユーロスペースでベルイマンの「夏の遊び」を観る予定であったが、「頭上の敵機」にすべきか迷った。 結局、ベルイマンをパスしてヘンリー・キングの戦争映画を選択。 航空戦争映画の王道ともいえ…

「バスター・キートン短編集」「暁の偵察」シネマヴェーラ渋谷

「キートンの即席100人芸」 「キートンの船出」 「キートンの酋長」 「キートンの警官騒動」 バスター・キートンのクールさは今の時代にもマッチしている。 アニメしか知らない子供に目に物見せてやりたいものだ!「暁の偵察」 ハワード・ホークスのトーキー…

『トランセンデンス』新宿ピカデリー

人工知能を巡るSFは、これまでも『2001年宇宙の旅』『地球爆破作戦』『ウォーゲーム』『A.I.』等多数あり、 今年公開となった『her 世界でひとつの彼女』も同じように進化の果てを描いていることは奇遇だな。 人間の脳の意識を電脳世界に移し替えるのがこ…

「GODZILLA」TOHOシネマズ日劇

公開初日のハリウッド版ゴジラを観た。 前回不評だったローランド・エメリッヒ版はもはや作品の存在すらなかったことになっている。 評判は良いようだが果たしていかに? 少し期待はしていたのだが、ゴジラはなかなか登場しない。 登場したかと思えば、ガガ…

「アデル、ブルーは熱い色」下高井戸シネマ

昨年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した話題作。 監督の過激な演技要求に女優が怒り心頭に発するいった話題も宣伝になってヒットだ。 だが、若い(女性)二人の出会いと別れを描き、身を切る想いが切なく、その骨格は古典的定番の青春映画。 特に喫茶店…

「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」 ヒューマンtラストシネマ有楽町

ジョン・レノンが暗殺された日をよく覚えている。 衝撃的な事件や出来事は、その時の行動を鮮明に記憶していることがよくある。 ましてやジョン・F・ケネディの暗殺の現場にいた人たちにとっては・・・ その出来事によって人生が大きく変わっていくことにな…

『赤い天使』フィルムセンター

冒頭の暴行シーンがこの作品のトーンを決定ずける。 当時の映画界は監督の要求に絶対であり、女優も理解している。 本題とはそれるが、従軍慰安婦は当時あたりまえのように描かれていた。 従軍慰安所や慰安婦がなかったことにする主張はすり替えもいいところ…

これはショックだ!

新橋文化劇場とロマン劇場8月31日をもって閉館との報道。 名画座として都内の劇場はもはや絶滅状況が加速する。

『渇き』『オール・ユー・ニーズ・イズ・キル』Tohoシネマズ府中

どちらも刺激の強い映像で疲労する。 しかも観終わってから作品の全体像が結びつかない。

『エロス+虐殺』新文芸坐

やはり内容についていけずイライラと疲れた。 『秋津温泉』は良かったのになあ。 続く『告白的女優論』はパスした。 こちらの方が面白そうなのだが頭が受け入れない。

『妻は告白する』 フィルムセンター

増村保造×若尾文子コンビの傑作はいろいろあるが、これがベストワンかな。 終盤の雨に濡れた若尾文子の登場は本当にゾッとする。 この映画で描きたいものがすべて集約されている。

『her/世界でひとつの彼女』ヒューマントラストシネマ有楽町

観終えてから地下鉄でスマホを見ている自分、まわりの人たちをみても皆スマホを見ている。 この風景は主人公の姿と変わらないではないか。 主人公はボクだったか。 元妻のルーニー・マーラーが主人公の言動で豹変して怒り出すのはひとごとに思えなかったな。…

『インサイド・ルーウィン・ディヴィス 名もなき男の歌』Tohoシネマズシャンテ

コーエン兄弟らしいセンスの良い映画。 フォークのことがわからなくても、音楽のうまさに惹きつけられた。 デジャブのような表現も閉鎖された時代の表現なのか。 主人公といっしょに住み家をなくした猫が地下鉄で景色を見るシーンが何ともいいシーン。 シッ…

増村保造特集始まる

増村保造の作品は比較的観ている方かと思ったが、観ていない作品も圧倒的に多くあった。 ゆっくり観ていこう。『氷壁』を観る。切れたナイロンザイルの検証は飛ばしすぎでメロドラマも唐突すぎる。たしか小説では白熱した裁判のやりとりがあったはずだが、ま…

「アクト・オブ・キリング」シアター・イメージフォーラム

人間が人間を殺すことをためらわない生き物であることをまざまざと証明するドキュメンタリー映画だ。 ゆえに地球上最凶の生き物は人間である。 60年代にインドネシアで行われた大虐殺。 監督のジョシュア・オッペンハイマーは、人権団体の依頼で虐殺の被害者…

『牝犬』神保町シアター

なんとストレートなタイトルで劇場は満員御礼! 京マチ子は見事なビッチだこと。 志村喬は色々な役を観てきたがここまで転落する役回りは凄まじい。 予想違わぬ終盤であったが鳥肌が立つほどの体感を久しぶりに味わった! S26('51)/大映東京/白黒/スタン…

『ポンペイ』『ゴジラ(1954)』生誕60周年デジタルリマスター版 TOHOシネマズ府中

『ポンペイ』 イタリアのポンペイは、西暦79年にヴェスヴィオ火山噴火による火砕流で埋もれた都市だ。 昔に都内でポンペイ展があり見に行き、埋もれた人達の発掘が再現されており、逃げ場のない天災の恐怖を感じた。 『ポンペイ最後の日』として何度か映画化…

「害虫」神保町シアター

劇場公開時見逃した作品。 いまでも若いが宮崎あおい、蒼井優の少女時代の共演作。 セリフを極端に少なくさせて、間合いを取るのは、アンチ・テレビドラマとして、この時代から多くなってきた手法かな。 テレンス・マリックの「地獄の逃避行(Badlands)」の…

「マンハント」「愛の嵐」鑑賞

ナチス関連二本立て特集 「マンハント」はフィリッツ・ラング監督の渡米直後の作品。 まだアメリカがドイツに参戦をしていないのに、ヒトラーは20世紀最大の独裁者になることを予見し、 ヒトラー暗殺に失敗(?)した主人公の逃亡記。 実は過去に観ていた(…

『蝶々夫人』京橋フィルムセンター

恥ずかしながら完全なオペラ映画であることを知らずに観た。 オペラを知らないので有名なあの曲「ある晴れた日に」以外は皆同じような曲に聴こえてウツラウツラ。 それでも口パクではあるが八千草薫さまの神々しい美しさと努力は尋常ではない。 本格的な日本…

『白昼堂々』『東京湾』シネマヴェーラ渋谷

野村芳太郎監督の硬軟対極にある犯罪映画二本立てでどちらも楽しめた。 『東京湾』は噂通りの隠れたる傑作! 登場人物のそれぞれの人生に揺さぶられる。 ロケーションのうまさも特筆もの。 企画/佐田啓二のクレジットはあるが、左ききの狙撃者というサブタ…