Like a bird, like a cat, like a fish?

映画・落語・写真・ダイビングを中心としたお気楽人生ブログです。

Diving Log

今年初の神子元島Divng

神子元島DIVING2016 6

夜の港に大きなサメがのっそりと!

小笠原では大迫力のシロワニを見るのことを楽しめる。残念ながらダイビングで見逃しても、又はダイビングをしない人も、夜に港に出てみれば・・・ 夜の港に大きなサメがのっそりと!【小笠原父島二見港】 小笠原諸島ではダイビングで海に潜らなくてもびっく…

ダンゴウオを探して(真鶴・岩)

ダンゴウオを探して(真鶴・岩)

沈船、駆潜艇50号

第二次世界大戦の激戦地だった硫黄島を含む小笠原諸島。父島、母島の島内にも戦争の痕跡を今なお残している。二見港近くの沈船、駆潜艇50号には薬莢もヘルメットもそのまま残っていました。素晴らしい自然のなかで人間が殺し合っていたことが不思議に思えま…

GoPro初撮り

西伊豆・雲見ダイビング 久しぶりの雲見にてボートダイビング。 長雨で透明度が気になるところだったが8~15mというところ。 あいにくの曇り空だが雨にならずセーフ。 今回はGoproHERO4の初チャレンジ。 どこまで魚に接近出来るか? アームにGoProをつ…

スクーバダイビングの日

GO(5)TO(2)SEA(4)ということで5月24日はスクーバダイビングの日だそうです。 伊豆の伊東のダイバーズデーに行ってきました。 お宝探しのイベントディなので、到着すると大勢のダイバーがいました。 最近のダイビング・ポイントは、閑古鳥感が多かったが、こ…

ダンゴウオを探しに

東伊豆の川奈にダイビング この時期はダンゴウオが見つけられる。 ちっちゃい奴で海藻の裏に隠れている。 けっこういるようなので探すのが楽しめた。 ウミガメも2匹棲みついている。 1匹は散歩中で逢えなかった。 動画はこちら youtu.be

Kodak PIXPRO SP360 購入した

デジタルカメラから撤退したコダックが360°全方向撮影できるウェラブルカメラで日本再上陸! 復活なるか?! 早速海で試し撮り。 【Kodak PIXPRO SP360】 水中撮影360°超パノラマ ダイビング: 【Kodak PIXPRO SP360】 水中撮影360°超パノラマ ダイビング - Y…

小笠原ではダイビングの休憩中でもイルカとの出会いがある。

船長やクルーもすごく気を利かせてイルカ遊びポイントを探してくれる。 イルカの群れを見つけてはすぐにドルフィンスイミングにスイッチ切替えだ!

2日続けてケータ遠征で嫁島に向かう。

昨日よりは波はあるものたいしたうねりではなく快適である。 超大物のシロワニ狙いが楽しみだ。 サメ穴にいました3匹! 顔に似合わず性格はおとなしいということで、大勢のダイバーが近づくわライトを当てるわで大人気! そのうちに怒りださないかなぁー 歯…

小笠原ダイビングはいきなりメインイベントへ

父島から2時間かけて聟島列島に向かう。 幸いなことに航路はほとんど凪状態で快適なクルージング。 どんな大物に出会うかわくわくする。最初のポイントは媒島のマグロ穴。 ケータ列島続いてのポイントは四之岩。 ケータ列島の北側で父島から最も離れたところ…

25時間かけて小笠原父島に着いた。

穏やかな航海でした! 父島到着早々に2ダイビング。長崎とテング根。台風の影響なのかやや透明度悪し。ツバメウオの群れ近づいても逃げないところが小笠原ならではの良さ! 八丈島より先にいるユウゼンが群れとなって泳いでいる。カメラを向けてもたじろがな…

熱海から船に乗って初島へダイビング。

7月から解禁になったやぐらのポイントへ行く。新しく初島でポートダイビングを始めたとのことだったが、残念ながら荒天でビーチからのダイビングに変更となった。 なじみのネコザメ みのかさごも多くいた やぐらは透明度もよく魚影も濃い ヒラタエイがいっぱ…

千葉県西川名でポートダイビング

結構流れのあるポイントだったがまだ初心者である甥っ子を連れていった。 ちょっとまずかったかなと思ったが、さすが若者でもともと泳ぎもうまいので難なく潜れた。 西川名名物ヒゲダイは人が近づいても動じない。大物クエも堂々としている。アナゴも大きく…

北海道、知床の流氷ダイビング

潜った時間は、15分ほどで短いがすごく長く感じた。

一度は体験しておきたいと思っていた流氷ダイビングにチャレンジ!

気温は1〜2度である。 晴天だったのが幸いだった。 荒天だったら過酷すぎて耐えられないぞ。 ダイビングショップに案内されて到着。 分厚い氷にま〜るく穴が開けられている。 すでに若者グループが潜っていた。 水温は氷点下−0.4度だった。 潜りはじめはシャ…

与那国島ダイビング

今年はハンマーヘッドシャークの群れは、大当りではなかったが最接近で見ることができた。 まずまず良かったかな。

今年の初潜りは熱海

熱海の沈船があるポイントだが、長らく行く機会がなかった。 2014年初潜りにして初ポイントだ。 沈船は水深20mのやや深いところにある。 ソフトコーラルができていてきれい。 沈船は旭16号という砂利運搬船で海底で二つに割れているらしい。 残念ながら透明…

ラパス・クルーズも最終日

Los Islotesでアシカと遊ぶも最終回 見回りにくるボスアシカの貫録! 高橋留美子の漫画に出てくるようなキャラクターでユーモラス メキシコ人のガイドであるロレンゾさんはアシカ使いの名人 さらばアシカの島 最後のダイビングポイント、スワニーリーフ 白い…

今回のメインポイント

アシカの島 Los Islotesで3ダイビング 潜ればもうアシカが遊んでいた。 遊ぶアシカに仲間入り。 子どものアシカは好奇心旺盛、人間の子どもと変わらない。 ヒトデで遊ぶ フィンもカミカミ 何でも噛んでみる カメラも興味シンシン この瞳で見つめられる シー…

ラパス・クルーズダイビング3日目

いよいよ佳境に入ってきた。 ラパスのラスアニマス島 本日1・2本目のポイントは、は『Arrecife Este』(アルレシフェエステ)という島の東側とのこと。 パシフックシ―ホース この華麗な群れは魚の名前を聞いたが記録せず不詳です。 伊豆のウツボと違った色のウ…

今日も日の出が素晴らしい!

雲もほとんどないのが本来のラパスの天候だ。 1・2本目はエル・バホというポイント ハンマーヘッドシャークやカジキなどの大物が出現する場所。 残念ながらハンマーヘッドの単体が数匹見えた程度。 別の班では1匹も見れなかったからまだよかったか。 3本目…

クルーズ船“バレンティーナ号”は早朝に港を出た。

昨日からの長旅でぐっすり寝られるかと思いきややはりよく眠れなかった。 素晴らしい夜明けだ! バハカリフォルニア半島のコルティス海の夜明け。 さっそく早朝の慣らしダイビング。 プンタ・ロボスというポイント。 こちら固有の模様をもったエイ。 ウミガ…

神子元島へダイビング

魚影濃く良かったなぁ〜 ハンマーも見ることができたが撮影できなかったのが残念。 神子元島タカベ・イサキ・ニザダイの群れなど

南伊豆・神子元島ハンマー狙い!

このところハンマーヘッド・シャークの群れが毎日出現しているという絶好調の神子元島ダイビング。 前回に群を見る念願を果たせることができたが、せっかくなのでシーズン最後の運だめしと思いもう一度アタック! 1本目はカメ根。 ポイントに到着すると待ち…

東伊豆 伊東ポートダイビング

透明度は良くなかったが、ソフトコーラルが鮮やか。 マクロダイブを楽しんだ。

南伊豆の神子島

ハンマーヘッド・シャークが出現しているとの情報。 いままでは単体をかろうじて見ることができたが、ベスト・シーズンの潮回りとなったとのことでハンマーが群れをなして泳いでいる。 夏休みを取って、期待の遠征!天候:晴れ 気温:29度 水温:24〜2…

西伊豆の雲見で4ダイビング

地形のダイビング・ポイントでフィッシュアイ・レンズでの初撮り。 透明度は10m程度で濁りあり。 牛着岩、三競、24アーチなど雲見特有の洞窟やアーチなどのケープ・ダイビングを楽しんだ。 狭いところでもフィッシュアイ・レンズの効果はある。 撮り方次第…

黄金崎マクロダイビングムービー

マクロのため撮影が不安定です。イバラタツ、ネジリンボウ、ヒラメ、ミヤコウミウシ、イソギンボなど

黄金崎マクロダイビング

前日はゲリラ豪雨でダイビングセンターは復旧作業中となっていた。 日差しは強くなく、天候は快適だ。 海中は残念ながら透明度悪し。 マクロダイビングだったので割り切って生物探し。 いろいろ見れて結構楽しめた。 オオモンカエルアンコウは歯がみえる。 …

セブ島リロアンのダイビング映像

セブ島のモアルボアルのダイビング。

透明度はいまひとつ。 アオウミガメには結構遭遇できた。 人を恐れずマイペースのカメもいた。

セブ島の最南端リロアン。

おだやかなリゾート地。 海中はゆったりとした流れに身をまかすダイビングだった。 大物には出会わなかったがマクロでいろいろ生物を観察。 でっかいカエルアンコウがいた。 ダイビング終了後は、スウェーデン人の経営するというペンションで、 ピザにビール…

ゴールデン・ウイーク、セブ島ダイビングツアー

セブ島のマクタンから出発して、オスロブ、リロアン、モアルボアルとセブ島を半周するダイビングツアーとなった。 最初はオスロブでジンベイザメ・ダイビング 海の上も中もとにかく人がいっぱい。 ジンベイザメは5〜6匹はいるのだろうか? 突然ジョーズのよ…

初島でダイビング。

ストロボとマクロ撮影のテストダイビングというところか。 ネコザメが浅場5mにいたが岩場の中にいてストロボもマクロではまったくダメ。 いろいろと海洋生物を撮るがいまひとつかな。 春にごりで透明度が悪かったといういい訳です。 ピントではこれがベスト…

伊豆・黄金崎ダイビング

今年のダイビングはじっくり写真を撮ることを目標とした。 ストロボ撮影にもチャレンジ! SEA&SEAのストロボYS-D1を購入した。 あいにくまだ黄金崎は春にごりで視界悪し。 ストロボのポイントをはずした。 上から撮る。 イロカエルアンコウです。 どこにいる…

伊東でのボートダイビング。

この時期に2日間だけの限定の【五島根】というポイントに潜った。 お目当てはソウシカエルアンコウ。 普通のカエルアンコウに比較するとビックリする大きさ。 岩場にはりついて30〜50センチはある。映像はかなりぶれています。視界は春濁りでかなり悪かった…

さてハンマーヘッド狙いも最終日。

昨日は単体ではあったが真近で遭遇出来て期待高まる。 潜って即、大当たり!かNo Fish!(まったく魚一匹すら見かけない)なのか。 まるで三角くじをめくるようだ。 そんなに泳がなくてもハンマーヘッドに遭遇できるのも国内唯一のダイビングスポットであろ…

与那国島の二日目。

昨日はハンマーヘッド・シャークに逢えることの期待でいささか飲みすぎた。 一本目は、与那国のもう一つの名所ポイントである海底遺跡にダイビング。 確かに自然にあるものではなくて、人間が作り上げたものである。 石切り場との説もあり、ごもっともと思わ…

沖縄の与那国島にダイビングに行ってきた。

羽田から石垣島に飛び、石垣島から琉球エアーコミューターのプロペラ機で日本最西端の地に着いた。 約3時間半の旅、国内では父島を除き一番遠いのかな? お目当てはハンマーヘッド・シャークの群れを見ること。 着いた直後に2本ダイビング。 最初は港をほ…

伊豆へ忘年会ダイビング

泊り込みの二日間であったが、爆弾低気圧の強風により大瀬崎の湾内のみ。 冬のマクロ撮影をじっくり楽しんだ。 まずはピカチュー! 冬の名物マトウダイ、ミナミハコフグ、ミノカサゴノ幼魚はカワイイ。 ニシキフウライウオの擬態はお見事。カミソリウオは泳…

今シーズン初のドライスーツで初島にダイビング。

熱海から初島への船は揺れていた。 おだやかな初島ばかりだったが、今回はやや荒天だった。 今月限りに行けるポイントのヤグラは、取り止めにしてフタツネに変更した。 気温は11度で水温も20度を切る冷たさになっていた。 今回、日頃愛用しているコンデジの…

熱海でご来光!

10月末の神子元島、さすがにダイバーは少なくなった。 水温は25度でまだあたたかい。ハンマーヘッドは単体のペア(?)を目撃。 休息タイムに無人島の神子元島に上陸! のんびりダイビングの一日であった。

サイパン・ダイビングの2日目は朝から雨だ。

本日もあまり良いポイントは望めないのか・・・ 半分諦めながら港のポートに乗船した。 ところが海上のうねりは昨日より穏やかになっていた。 天気も回復しつつあり、太陽も顔をだした。 外海に出ることが可能となり、一同大喜び! 第一ポイントはディンプル…

1年振りにサイパンに来た!

海外ダイビングはこれで2回目。 しかし、行きの飛行機(デルタ航空)は揺れた〜 到着するとスコールのお出迎え。 どうもこのところ天気は良くないらしい。 こちらは台風の発生場所のようだ。結局ダイビングでは、荒天のため外洋には出られず湾内となった。 …

今年は天侯に恵まれたなぁ〜

先日の石垣島・波照間ダイビングの動画アップ

西伊豆の田子にダイビング。

初めてのポイントで田子港からポートダイビング。 台風18号が通り過ぎ、17号がこれから向かってくるというタイミングでダメかと思ったが奇跡的にセーフ。 田子湾は結構大きな港で立派な防波堤でがっちりガードされている。 外海もさほどのウネリではなかった…

神子元島へダイビング。

昨日の荒天から一転してまた夏が戻ってきた。 今年の夏は粘り強い。 本当は利島へドルフィンスイミングの予定であったが、ウネリがあり中止となり神子元島となった。 さて、お目当てはハンマーベッドシャークとの遭遇である。 透明度もよくて期待する。 一本…

石垣島ツアーの最終日はダイビングなしの観光。

やはり最初は、川平湾を目指す。 石垣島の市街地から山を越えて川平湾に向かったが、島の周りは晴れているのに島の真上は雨雲が停滞している。 途中にもの凄い豪雨があったりして、南国気分を味わう。 あいにくの天気でエメラルド・グリーンの浜辺風景にはな…

石垣島の2日目。

最初のポイントは、石垣島の隣の竹富島を目指した。 竹富南のサブマリンというポイント。 海の色が昨日よりずっとブルーが濃くなっている。 小笠原のボニンブルーとも違ったブルーである。 透明度の良さに感嘆す! サブマリンの名はここにあった。 透明過ぎ…